エントランス

スマートロックは簡単に導入できる

錠前

スマートロックは、自分のスマートフォンをドア鍵の機器本体に登録します。すると、鍵の開錠をスマートフォンで行うことができる様になります。施工の必要がないことがメリットで、機器本体は工具を用いなくても、粘着テープでシリンダーに貼るとスマートロックを導入できます。
今まで使っていた鍵も、利用することができます。スマートロックは、車のオートロック機能のように登録したスマートフォンをドア鍵に近づけると、自動で開錠できる機能を持ったものもあります。スマートロックは、履歴を残したい時にも便利です。開錠した記録を残すことができるため、誰がいつ開錠したのか調べることができます。
電子錠は、鍵で開錠しないため鍵が要らないドアになります。鍵の代わりに、専用のカードや小型リモコンを使用します。他に暗証番号で操作する方法など、施錠方法が選べます。ホテルのドアのように、ドアを閉めたら自動で鍵が閉まるオートロック機能もあります。電子錠を取り付けたい場合は、専門業者に相談するのがおすすめです。簡単な工事で設置することができるので、ドアごと交換する必要はありません。今までのドアを使用しながら、電子錠やスマートロックを取り入れることができます。

TOP